• 高森明勅

参院選に立候補?

最終更新: 2019年6月29日


驚いた。某界隈では、私が7月の参院選に立候補するという、根も葉も無い噂が流れているらしい。最近になって妻から聞いた。妻にその話を持ち込んだのは、私も知っている某氏。彼がそんな噂を何処から仕入れて来たのか。それは分からない。 しかし、―党から立候補する、という党名までくっついたデマ。呆れた。 私はこれまで、超党派・自民党・民主党・民進党・立憲民主党などの議員の勉強会に招かれて、話をした事はある。又、特定の議員の国会質問の準備のお手伝いなどを、及ばずながらした事もある。 更に、4月29日を「みどりの日」から「昭和の日」に改める件や、上皇陛下のご譲位を可能にする法整備に当たり、議員の方々と接触し、提携した(幸い、それぞれ成果を得る事が出来た)。しかし、自分自身が政治家になろうと思った事はない。 そもそも、どこかの政党の党員になった事すらない。私は気紛れで、人付き合いが悪く、怠け者。権力欲も特に無い。政治家には向かないタイプだと自覚している。第一、私が立候補しても、家族以外に投票する人間がいるとも考えにくい(家族の中でも、妻が投票してくれるかは自信が無い)。 だから、どこかの政党が私を擁立しようと企てる気遣いもない。どうしてそんなデマが広がったのか。オトキナ(音喜名)氏が立候補するのをオトタケ(乙武)氏と混同され、乙武氏が立候補の風聞を否定したというニュースを見た。 私の場合は、そんな事情も想定しにくい。不思議だ。最初は誰かが言い始めたはずだ。誰がどんな勘違いで言いふらしたのだろうか。

41回の閲覧
  • Facebook Social Icon