• 高森明勅

参院選、期日前投票を済ませた



参院選、期日前投票を済ませた

この度の参院選。息子達と一緒に期日前投票を済ませた。

僅か1票ながら私なりに考えて投票したつもりだ。


シンガポールの青年と結婚した長女も、日本に滞在していたので、長男に誘われて投票に加わった。長男はこのところ、日本の行く末が心配でならない様子。先頃、チャーミングで上品なお嫁さんを得てからは、一層、これから生まれて来るであろう自分の子供の為にも、とても無関心ではいられないらしい。


以前、現代思想の先頭を走っていると見られていた知識人が、自覚的な投票拒否を呼び掛けた事があった。それが実際にどれだけ効果があったかは知らない。しかし、もし多くの人々が彼の呼び掛けに応じたら、強固な組織票を持つ政党や政治家だけが有利になる。それが果たして望ましい結果に繋がるのか。


少なくとも、今の私には「投票しない」という選択肢は視野にない。カントの道徳命題を金科玉条のように振り回すつもりはないが、私が敢えて投票しなければ、他の全ての有権者が棄権しても、それを非難する客観的根拠は持ち得ないはずだ。勿論、私の家族が投票するかしないかは、それぞれ本人の判断に委ねている(妻については、もともと私が何を言っても 殆ど無駄だが)。

43回の閲覧
  • Facebook Social Icon