• 高森明勅

北朝鮮の首脳会談ラッシュ



北朝鮮の首脳会談ラッシュ

6月30日、アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が急展開で、朝鮮半島の軍事境界線にある板門店で首脳会談を行った。国家のトップ同士の会談としては極めて異例。


いかにもトランプ氏らしい、アメリカ国内向けのアピール効果を狙った、底の割れたパフォーマンスに過ぎまい。だがこれによって、安倍首相が議長を務めた大阪でのG20サミットは、たちまち影の薄いものになった。


しかも、今回の会談が北朝鮮の存在感を一層、際立たせる結果になったのは、疑いない。世界最大の軍事大国アメリカですら、北朝鮮をもて余している姿が国際社会に晒されてしまったからだ。


先頃、中国の習近平国家主席が北朝鮮を訪れたばかり。その前に金氏は、ロシアのプーチン大統領とも会っている。このところ、北朝鮮は首脳会談ラッシュと言って良いような状態。そんな中で、拉致被害者の帰国という悲願を抱え、かつ核・ミサイルの脅威に最も間近で直面している日本だけが、蚊帳の外だ。


最近まで「対話ではなく圧力」と強調していた安倍首相が、手のひらを返し、大幅に譲歩して、「前提条件無し」(つまり無条件)で“対話”を求めても、すっかり足元を見られて、はかばかしい反応は無い。北朝鮮のGDPはわが国の僅か百分の一程度の規模とされる。にも拘らず、日本の“保護者”アメリカと「タメ口」の付き合いをして日本を見下し、歯牙にもかけない。


今のままなら、アメリカとの合意を背景に、北朝鮮が核・ミサイルという日本への脅威を温存しつつ、拉致被害者の帰国も満足に実現しないまま、日本が“歴史の清算”などを名目に巨額の資金をむしり取られる悪夢が実現しかねない。

27回の閲覧
  • Facebook Social Icon