• 高森明勅

剣璽等承継の儀の光景

先日、読売新聞の取材を受けた。


その時に、話題が来年の5月1日に予定されている

「剣璽等承継の儀」に及んだ。


同儀は国事行為として行われる。


これに供奉(ぐぶ)する皇族は、

旧登極令(とうきょくれい)附式に準拠して、

今の制度で皇位継承資格を持つ男性皇族で、

成年に達した方だけとされている。

それだと、具体的には秋篠宮殿下と

常陸宮殿下のお2方のみ

(上皇陛下は特例法により皇位継承資格を

お持ちではない)。


今上陛下の時は、皇太子殿下をはじめ、

秋篠宮殿下、常陸宮殿下、三笠宮殿下、

寛仁(ともひと)親王殿下、桂宮殿下、

高円宮殿下のお7方がおられた。


畏れ多いが、それと比べると、

何とも心細い光景だ。


それでも国民は不安を覚えないのだろうか。


それとも、誰かが何とかしてくれると、

のんびり当てにしているのか。

48回の閲覧
  • Facebook Social Icon