• 高森明勅

今、神社新報が面白い?

更新日:2021年10月10日

「神社新報」という新聞がある。神社界唯一の新聞(週刊)だ。

だが名前すら知らない人が多いだろう。

或いは名前は知っていても、神社界の業界紙とか神社本庁の御用新聞というイメージで、余り読む気にはならない人が殆どかも知れない。

ところが、このところ私が接触するメディア関係者で勉強熱心な人は、意外と同紙を読んでいる。

恐らく理由は次の2つだろう。

(1)御代(みよ)替わりを控え、その方面の情報を最も詳しく扱っている(かつその記述は概ね正確だと思われている)。

(2)昨今、神社本庁をはじめ神社界を巡るトラブルが続いていて、その方面でも抑制的ながら案外貴重な情報も載せている。(2)については、例えば『週刊金曜日』(11月23日号)の記事では、同紙が重要な情報源になっていた。

(1)関連では、同紙12月3日号にも「宮内庁公表予算関係資料を見る」という神保郁夫氏(神社本庁参事)の興味深い記事が載っている。

公表された宮内庁関係予算(皇室費と宮内庁費)の分析だ。

同記事にはこんな指摘があった。

「とくに目をひくこととして、上皇・上皇后両陛下行幸啓(ぎょうこうけい)供奉(ぐぶ) 予算約三千三百万円などが計上されてゐる」と。

これは私も見落としていた(但し記事中、宮内庁を「内閣府の外局」としているのは正確ではあるまい)。

閲覧数:83回