• 高森明勅

メディアからのアプローチなど

最終更新: 2019年4月28日


今上陛下のご譲位と皇太子殿下のご即位がいよいよ間近に迫った。 このところ、いくつか国内外のメディアからのアプローチがある。 既に対応を済ませたのは以下の通り。 朝日新聞の取材。 4月23日付の「平成と天皇」第9部にコメントが掲載された。 以前に紹介した「女性セブン」とは別に、「週刊文春」「週刊新潮」 「週刊現代」「アサヒ芸能」の取材。 それぞれ先週(21日~27日)発売号にコメントを掲載。

テレビ東京「ゆうがたサテライト」収録(放送は29日)。 CGTN(チャイナ・グローバル・テレビジョン・ネットワーク)と SRF(スイス国営ラジオ局)、ロシアのテレビ番組“Segodnya” (独立チャンネルNTV)のインタビュー収録。 言論サイト「iRONNA」から原稿依頼(5月1日に公開予定)。 東京新聞へのコメント執筆(同じく5月1日掲載予定)。 新刊の著書は『上皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉文庫)と 『天皇と国民をつなぐ大嘗祭』(展転社)責了(前者は5月中旬、後者は 同月下旬発売予定)。 テレビ朝日「朝まで生テレビ」(4月26日)に出演。 これからの予定は、今のところ以下の通り。 5月1日、テレビ東京の特別番組「報道スペシャル“令和”幕開け!7つの謎を徹底解説」。 同日「ゆうがたサテライト」。 同日、AbemaTV「Abemaprime」。 4日、「よるバズ!」。6日、「ゆうがたサテライト」。 以上は生出演。 これらの他に、ブラジルのテレビ局RECORD TVからの依頼が届いている。

138回の閲覧
  • Facebook Social Icon