• 高森明勅

ドローンが気になる


ドローンが気になる

危機管理の鉄則。

「悲観的に(最悪を予想して)備え、楽観的に(最善を目指して)対処する」。

その原則に照らして気になるのが、このところ、皇居や赤坂御用地周辺などで

度々ドローンらしき物体が目撃されているというニュース。

ひょっとして、予めテロのポイントとタイミングを探る為に、 下見を繰り返している可能性はないか。

空中からの危険物(爆発物や劇薬など)の投下への対処は、 至難ではないか。

皇室への国民的な関心が高まり、これからも重要な行事が続く。

ならばそれだけ、国民から孤立したごく少数の強硬な反天皇主義者が 行動をエスカレートさせる危険性は高まる、と考えるべきだ。

極端な考え方を持つ者は、国民の支持が得られなくなればなるほど、

行動が過激になりがちだ(NHKの平成30年の「日本人の意識」調査で、

天皇に「反感をもっている」は過去最低の0.2%)。

つい先頃も、反天皇主義者によって秋篠宮家の悠仁親王殿下の 中学校の机に刃物が置かれる、という事件があったばかり。

私のブログでも「重大事件」として取り上げた。

逮捕された人物は「(悠仁殿下を)刺そうと思った」

と供述しているようだ。危ない場面だった。

今の皇室は、上皇陛下のこれまでのご献身によって、 幅広い国民の素直な敬愛の気持ちが高まっている一方で、

実際の皇位継承資格者はごく少なくなっている。

これはテロの効果が巨大化している事を意味する。

客観的にはテロを誘発しやすい条件は整っている。

それだけに、ドローンのニュースが気にかかる。

実は、反天皇主義者が何もしなくても、 皇室は今の皇室典範を改正しない限り、

遠くない将来に「自然消滅」する可能性が低くない。

しかし、その前に“自分らの手”で皇室に決定的な

打撃を与えたい、と望んでいる者らが存在する

可能性を無視できない。

64回の閲覧
  • Facebook Social Icon