• 高森明勅

シニア割引

去年、皇太子殿下の最後の育樹祭を

「末端の端くれ」としてお手伝いさせて戴いた次男。

いつも仕事で忙しくしている。

先頃、珍しく何日か帰省した。

その1日、次男の運転で地元の映画館に行った。

2人分の料金を払って、チケットを渡すと、

「オヤジ、ちゃんとシニア割引を使った?」と聞く。

「そう言えば、そんな割引があったなぁ。

自分に引き当てて考えた事はなかったけど」

と答えると、

「いつまでも若いつもりじゃいけないよ」

などと生意気な事を言う。

私も、もうそんな年齢か。

若い頃には、

自分がこれほど長生きするとは思っていなかった。

次男と一緒に観に行った映画は

「ボヘミアン・ラプソディ」。

長男が「最後の20分は魂が震えた」と絶讚していた。

確かに心を揺すぶる作品だ。

『月刊Hanada』の花田編集長の年賀状では、

昨年本人が観た映画のベスト10で2位にランクインさせていた。

次男は作品が作品なので、

父子なのに周りから“恋人同士”

と間違われないか、気にしていたようだ。

些細な事を気にするヤツだ。

そもそもLGBTへの勉強が足らん。

…って、偉そうな事を言ってしまったが、

振り返ってみると、私がヤツの年頃には、

父親を映画に誘うなんて殊勝な考えなど、まるで無かった。




画像:Muhammad suryanto / Shutterstock.com

27回の閲覧
  • Facebook Social Icon