• 高森明勅

「男系」論者の本音

皇位継承を巡る「男系」論者の

代表的なお1人は、憲法学者の百地章氏だろう。

しかし、その百地氏も

「万一の場合には、皇統を守るために、

女帝さらには女系の選択ということもあり得る」

(『憲法の常識 常識の憲法』94頁)と、

注意深く述べておられる。

もう1人の代表的な男系論者、

八木秀次氏も以下のように“率直”に語っておられた。

「正直に言えば私とて、

女性天皇に絶対反対というわけではない。

男系継承という道を探して、万策尽きた場合には

女性天皇も女系天皇もやむを得ない」

(『本当に女帝を認めてもいいのか』75頁)と。

お2人とも、女性天皇、女系天皇を

“絶対的”には排除されていなかった。

「皇統を守るために…

女系の選択ということもあり得る」と。



160回の閲覧
  • Facebook Social Icon