• 高森明勅

「天皇の元号」守られる?

最終更新: 2019年2月23日

新元号について次のようなニュース。


「政府関係者によると、政府は、

全閣僚による協議終了後、

新元号の閣議決定が行われる前に、

宮内庁長官を通じて天皇陛下と皇太子さまに

新元号を伝えることを検討している」

(NNN、2月22日)と。


元号法では、元号は政令で定める事を規定している。


だが、単に政令で決めるだけでは、

「天皇の元号」という伝統が失われ、

「内閣の元号」に変質してしまう。


そこで「昭和」から「平成」への改元の際には、

政令を正式に閣議決定する“前”に、今上陛下にご報告した。


事実上、陛下の“ご聴許”を得て

平成の元号が決まる―という手順が踏まれたのだ。


これによって、「天皇の元号」という伝統は

ギリギリ守られた。


今回も、その手順を厳格に踏襲しなければならないと、

私は様々な場面で繰り返し主張して来た。


これまでの報道は、前回の手順を踏襲する、

という漠然とした報じ方で、

閣議“前”のご報告にまでは踏み込んでいなかった。


しかし、この度の報道によると、

まだ「検討している」という表現にとどまるが、

ご聴許を戴くという手順は何とか踏襲されそうだ。


そうでなければ、

情報をメディアに流さないだろう。


もし新元号を前倒しで公表するなら、

次代の天皇となられる皇太子殿下にも

併せてご報告するのは、当然の配慮だ。




36回の閲覧
  • Facebook Social Icon