• 高森明勅

「付和雷同」の重層構造



「付和雷同」の重層構造

昭和天皇が「戦争防止の困難だった一つの原因」とされた国民の「付和雷同性」。


あるテーマについて、皆が同じように反応する。同じように反応しない者には強い「同調圧力」が掛かる。或いは“圧力”を先回りして感じ取り、自ら進んで同じような反応をしてみせる。更に、積極的に圧力を掛ける側に無意識のうちに回る。それらの相乗作用によって、いわゆる「空気の支配」が生まれる。それが「付和雷同性」の正体だろう。


しかし、注意しなければならないことがある。それは一見、世間の大勢(たいせい)に真っ向から逆らっているかのような人々が存在する場合だ。これらの人々こそ、付和雷同性を免れた立派な“お手本”のように見えるかも知れない。


しかし、実はそうではない可能性がある。国民の多数から孤立した人々の“グループ内”のより強烈な同調圧力によって、外からはそのように見えているに過ぎない場合が、しばしばあるからだ。その場合、これも又“もう一つ”の付和雷同と言わざるを得ない。付和雷同性にはそうした重層構造がある事実に気づく必要がある。そこに共通しているのは、“個人としての自覚”が希薄か、又は殆ど喪われていることだ。


昭和天皇が「教養」と「宗教心」の大切さを強調されたのも、個人の自覚を支えるバックボーンとして、それらが有益であるとお考えだった為だろう。

52回の閲覧
  • Facebook Social Icon