大嘗祭は「単純素朴」

​更新日:2019年11月16日

大嘗祭は「単純素朴」

民俗学を大成した柳田国男。大嘗祭について、以下のように述べていた。

 

「神と君と、同時に御(お)食事をなされる、寧(むし)ろ単純素朴に過ぎたとも思はれる行事」(『海上の道』)と。 まさに至言だろう。

 

メディアでは、相も変わらず「秘儀」「秘事」と騒いでいた。しかし、悠紀・主基両殿の内陣で行われる天皇のご所作については、その詳細を認(したため)めた史料も多く残っている。それを元にした精密な研究も公刊されている(安江和宣氏『大嘗祭神セン御供進儀の研究』他)。

 

その意味では、取り立てて「秘儀」と言うのは当たらない。 天皇陛下が即位されて先ず新穀(元々はお米だけ。後に粟〔アワ〕も)を召し上がられるに当たり、皇祖をお迎えして丁重に新穀などを供えて“おもてなし”をし、しかる後に召し上がられる。ただ、それだけの事に過ぎない。まさに「単純素朴」。

 

ただ、見落としてはならないのは、その新穀が天皇に直属の田んぼの収穫物ではなく、国家の公的な統治の下にある公民・国民が育てた物に限られていたという事実だ。その事によって、大嘗祭は皇位継承に伴う伝統的な儀式の中で、唯一「天皇ー国民」の関係を総括する意味を持つ。

 

大嘗祭は天皇と国民をつなぐ祭りだ。

  • Facebook Social Icon