大嘗祭の「国家」的性格

​更新日:2019年9月23日

大嘗祭の「国家」的性格

大嘗祭は皇位継承に伴う重大な儀式。だから当然、国家的な性格を持つ。改めてその点にも言及しておく。制度的に確立した第1回の大嘗祭である持統天皇の大嘗祭に、既に「公卿(まえつきみ)より以下主典(ふびと)に至るまで」、つまり朝廷の上層部から末端までが、行事に携わっていた事実を確認できる(日本書紀)。

 

又、平城京跡の発掘調査によって、「朝堂院」跡から大嘗宮の遺構が発見されている。朝堂院は、大内裏(だいだいり、宮城〔きゅうじょう〕)にあって、政務・儀式などが行われた中心的施設だ。先のブログで「“内裏”の朝堂院」と書いたのはうっかりミス。なので、この際、訂正しておく(他にも同種の誤記はあるかも)。

 

儀式にとって、それが行われる「場所」も極めて重要な意味を持つ。内裏(天皇の御所)で行われるなら、一先ず“内廷(ないてい、宮廷の内部)的”な性格の行事と見る事ができる。一方、大内裏の朝堂院なら紛れもなく「国家的」行事だ。

 

これに関連して思い出すのは、昭和から平成に移って間もない頃、テレビ朝日の「朝まで生テレビ」に出演した時のやり取りだ。I氏が「大嘗祭なんて神秘的な秘儀なんだから、天皇 の私的な行事として、人知れず内々でやればよい」という趣旨の発言をされた。これに対し、私は「前近代の大嘗祭のスタンダードな形では“どこ”で行われるべき事になっていたか、それを知った上でそんな発言をされているのですか?」と問い詰めた。彼は顔面蒼白になって答えに窮した。「そんな事も知らないで無責任な発言をしないで下さい。朝堂院ですよ。朝廷の最も中心的な施設で、極めて国家的な空間でした。大嘗祭は元々、国家的な行事なんです」という意味の言葉で、そのやり取りを締め括った記憶がある。

 

上記の「スタンダードな形」というのは、貞観『儀式』『延喜式』の規定を念頭に置いていた。大嘗祭の「国家的」性格について看過すべきではない。

  • Facebook Social Icon