大嘗宮の「原始性」

​更新日:2019年9月17日

大嘗宮の「原始性」

 

大嘗宮の悠紀(ゆき)・主基(すき)両殿は古代以来、「萱葺(かやぶき)屋根」、皮を削らない丸木の材木を用いた「黒木(くろき)造り」という形を、直近の平成まで維持して来た。

 

わが国の建築の屋根形態として最も「原始的」なのは萱葺だったとされる(原田多加司氏)。

 

又、黒木が(皮を削っただけの白木と比べても)木材として最も原始的な使い方であるのは勿論だ。大嘗祭が成立したのは、既に高度な建築様式を採用していた飛鳥時代だった。その事実に照らして、大嘗宮は“自覚的”に原始性を追求した建物だったと考える他ない。極力、人工的な要素を排除する事が、大嘗祭に欠かせない「清らかさ」を確保する為に、どうしても必要だったのだろう。

 

令和の大嘗祭でもその伝統は守られるのか。

 

―なお直前ながら9月18日(水)に私の講演(令和の大演説会)が予定されている。演題は「天皇と国民をつなぐ大嘗祭」。主催は同名拙著の版元、展転社。東京・文京シビックホール(小ホール)にて午後6時半開場、45分開始で同8時半に終了。参加費は2千円。平日にしては開始時間が少し早いような気もするが、興味があって参加可能な人は覗いてみて欲しい。

  • Facebook Social Icon