大嘗宮の伝統が守られる?

​更新日:2019年2月20日

大嘗宮の伝統が守られる?

先日、新聞記者の取材を受けた。 その時に、大嘗宮の屋根の葺(ふ)き方の 変更についても触れた。

 

簡素・素朴で“清浄さ”の表示と言うべき 伝統的な萱(かや)葺きから、 粗末・粗略な板葺きに変更されようとしていて、 問題だと。

 

古代から平成の大嘗祭まで、 しっかり守られて来た伝統が今、 我々の目の前で変更されようとしている。 これは見逃せない。 すると、記者はこんな事を語った。

 

「その話題は、このところあちこちで耳にしますね。 宮内庁も板葺きの方針を見直して、 萱葺きに戻す事も検討し始めているとか」と。 これはやや意外。 あちこちで耳にする…というのは、 恐らく、私が昨年末から各方面に問題性を訴えて来たのが、 少しずつ広がっているのだろう。

 

記者の言い方はやや曖昧だったが、 宮内庁が見直しの検討を始めたという情報が もし事実なら、幸いだ。 だが、勿論まだ油断は出来ない。 この点は非力ながら、 私なりに働きかけ続けよう。

  • Facebook Social Icon